あなたは「なぜ顧客管理をするのか?」考えたことがありますか?

 

顧客管理をすることで、

 

顧客の行動が明確(見える化)になります。

 

顧客情報と売上情報が紐づけば、

 

詳細なデータを取得できて、それを販促活動に活用できます。

 

アバウトであった「購入回数」・「購入累計金額」など、

 

企業に対する顧客の貢献度を数値で知ることができるのです。

 

顧客情報を得たことにより、

 

ハガキやメールなど個別にご案内することはもちらんできます。

 

そのほか、顧客に対して、

 

属性別(性別やランクなど)の販促活動が容易に実施できます。

 

このように、顧客管理することで、

 

すべての顧客一律であった特典などが、

 

ある程度個別に対応可能となり、

 

結果として最終的には「企業の利益改善」へとつながります。

 

キーワードは「個別対応」(ある程度大まかに分類はしますが)。

 

ここで是非お勧めしたいことは、

 

一定期間において、

 

「上位20~30%の売上貢献顧客(ファン層)」に対し、

 

何らかの特別なアプローチをすることです。

 

この売上貢献顧客は「企業のファン」ですから、

 

きっと何らかの応援をしてくれます。

 

どんな業界でも基本同じですが、

 

まず最初に「ファンを大切にする」こと・・・

 

これがポイントです。

 

ファンって本当にありがたいです。

 

数ある企業の中から、

 

選んでくださり応援までしていただける。

 

心から感謝しないといけませんよね。

この記事を書いた人

大久保 久明顧客管理・顧客資産運用アドバイザー/情報セキュリティ管理士
大学卒業後、コンピュータ専門商社でOA機器およびシステム販売、サプライ品販売、コンピュータ帳票の設計など携わる中で、カードを活用した顧客(会員)管理システムに出会う。業界30年以上のキャリアがある。現在は、「事業の利益改善には、顧客管理を通じて顧客との強固な信頼関係を構築することが最も重要である」との考えから、顧客資産の運用方法、さらに異業種とのアライアンスの推進など、経験に基づいたアドバイザーとして名古屋地区を中心に活動を続けている。また、事業の中に「なんらかの会員制を導入するべき」と提言し、導入方法などのアドバイスも行っている。「ポイントシステム(カード等)と連動した顧客管理の構築」、「個人情報保護管理体制の整備」など、情報セキュリティを含めた顧客管理に関する分野の専門家。最近では、事業目的や内容が近く、双方にメリットの感じられる企業や人同士を「つなげる」ためのコーディネート実績も多い。