企業には「資産」という考え方があります。

例えば、工場には製造のために工作機械があります。この工作機械を活用することで、製品が完成し、それを販売することで企業は収益を得ます。

 

この場合、工作機械が企業にとっての資産です。資産とは、企業会計によれば「企業が支配している経済的資源」とされています。要するに、企業が収益を生むための「貴重な財産」なのです。

 

では、企業が収益を生み出す「最大の資産は何か?」と考えると、それは間違いなく「顧客」です。信頼関係が構築された顧客が多数いれば、その企業は継続的に収益を得ることができます。

 

しかし、ほとんどの人は、今月の売上や利益がどうであったかに一喜一憂します。この人たちは、一時的な収益に喜びを感じ、それで満足しています。例えは悪いのですが、「年収の多さだけを競い合っている」ような人たちです。

 

これでいいのでしょうか・・・?

一時的な収益ばかりを考えている人たちは、やがて姿を消していく運命です。これは、目の前のことばかり考え、ビジネスにとって重要である資産(顧客)を育てていないからです。

 

この顧客資産は、ありがたいことに育て方しだいで、企業へ継続的な収益をもたらしてくれます。このあたり、経営者は真剣に考える必要があります。

 

そのためにも、まずは「顧客管理」です。

顧客情報(リスト)を適切に収集して、顧客との信頼関係を構築することが大切です。この関係ができあがった、顧客が多数いればいるほど、企業は長きに渡り収益が得られるのです。

 

今回のイベントでいくら儲かったか・・・ということではなく、イベントで「何人の見込客があり、どのようなコンタクトをして、その中から何人の顧客が生み出されたか」にフォーカースしなければなりません。

 

極端な言い方をすれば、ビジネスで得た収益の大半は、将来の顧客資産を得るためにまわすべきかも知れません。最初は、利益が少ないけれども、これを繰り返すことで、近い将来に必ず利益は大きく伸びます。

 

顧客資産の考え方を取り入れた企業は、最初は大変かも知れませんが、やがて安定した成長を見込むことができます。「顧客を知る」・・・ここからスタートです。

 

あなたは、大切な顧客をしっかり把握していますか?

顧客との信頼関係を構築していますか?

今一度、ゆっくり考えてみましょう・・・。

 

この記事を書いた人

大久保 久明顧客管理・顧客資産運用アドバイザー/情報セキュリティ管理士
大学卒業後、OA機器およびシステム販売、サプライ品販売、コンピュータ帳票の設計などに携わる中で、カードを活用した顧客(会員)管理システムの販売担当となる。
その後、カード後加工(エンボス、エンコードなど)の情報処理専門企業へ入社し、カードの総合的な知識を習得する。また、大手アミューズメント企業向会員管理の業務受託を通じて、プライバシーマークの取得・更新にもかかわった。(更新審査4回に立ち会う)
現在、ビジネスマッチングにも積極的にかかわり、多くの異業種コラボを実現している。顧客資産の運用アドバイスを中心にしながら、企業PR・商品やサービスPRなど販促活動も行っている。また、将来有望な人材に対して、セミナー開催や事業アドバイスなどの支援活動をライフワークとしている。