今週は、ライブ(音楽鑑賞)ウィークでした。
週始めの「フェデリコ・ミランダ(コスタリカ出身ギタリスト)」と「名古屋中心に活躍するギタリストとのセッション大会」、昨夜は「いきものがかり」・・・今更ながら、音楽は素晴らしいと強く感じました。

 

演じ手と観客が一体になったとき、感動が生まれます。どちらも、そんな最高のライブでした。自分が同じステージに立つたら、「楽しいだろうなぁ~」・・・と思わず妄想していました。

 

「いきものがかり」のライブでは、観客一人ひとりに腕時計タイプの「発光装置」を配布して、それを無線で発光色の制御をしていました。どうも最新タイプで、演奏曲などに応じて色を変化させ、演出効果を高めるねらいがあったようです。

 

ライブ鑑賞で、いつも感じることは「ファンって・・・ありがたい」。
入場料を払い、そのうえグッズも大量に購入してくれる。これは、すでに「信頼関係が構築できている」からで、提供する商品やサービスの購入を促しやすいのです。

 

グッズ販売の横では、「ファンクラブ入会手続き窓口」までありました。ライブ後、窓口をのぞいてみたら、やはり入会希望者が並んでいました。観客の気持ちが高揚していますので、入会希望者も当然増えます。また、会場内では「じょいふる」の曲中で使用する、「バンド名入りタオル」が飛ぶように売れています。

 

これらは、すべて「マーケティングの概念」で説明することができます。
要するに、ライブ全体が「儲かる仕組み」になっているのです。重要なポイントとしては、「ファンを創り出す努力」です。ファンが増えるとことにより、収益も当然ながら増えていく訳です。

 

一般のビジネスにおいても、原則は変わりません。
「顧客(ファン)を創造し、育成していくこと」・・・これに尽きると考えます。この考えを取り入れると、販売する商品やサービスは、顧客目線にならざるを得ません。あくまで、中心は「顧客」です。

 

企業は永続してこそ価値があります。一時的な収益だけにこだわるより、「顧客を企業の資産」と考えて行動することが益々重要になっています。そのためにも、「顧客管理」を真剣に考えていただきたいのです。これを続けることで、ボクシングのボディブローにように、必ずじわじわと効いてきます

 

この記事を書いた人

大久保 久明顧客管理・顧客資産運用アドバイザー/情報セキュリティ管理士
大学卒業後、OA機器およびシステム販売、サプライ品販売、コンピュータ帳票の設計などに携わる中で、カードを活用した顧客(会員)管理システムの販売担当となる。
その後、カード後加工(エンボス、エンコードなど)の情報処理専門企業へ入社し、カードの総合的な知識を習得する。また、大手アミューズメント企業向会員管理の業務受託を通じて、プライバシーマークの取得・更新にもかかわった。(更新審査4回に立ち会う)
現在、ビジネスマッチングにも積極的にかかわり、多くの異業種コラボを実現している。顧客資産の運用アドバイスを中心にしながら、企業PR・商品やサービスPRなど販促活動も行っている。また、将来有望な人材に対して、セミナー開催や事業アドバイスなどの支援活動をライフワークとしている。