年齢を重ねるたび、昔との違いに驚くことがあります。

 

私は社会人となり、「OA機器販売」のシステム営業としてスタートしました。
FAXなど機器販売、サプライ品販売やコンピュータ帳票企画販売・・・多くの業務をさせていただきました。ここでの経験が、今でも自分の財産となっています。

 

入社した当時、FAXは1台約100万円でした。この話しを今の若い人にすると、全員びっくりします。
でも事実ですから・・・。FAXは画期的な商品であり、それまでのビジネススタイルを大きく変えました。通信手段と言えば「郵便・電話」だけ・・・そんな時代でしたから、瞬時に「紙に書かれた文字情報など」相手先に届くことで、企業にとっては生産効率を上げる結果となりました。

 

店舗ビジネスは、どちらかと言えばコンピュータ化が遅い業界でした。
今では当たり前ですが、ハンディターミナルを活用したオーダー登録など珍しく、総称で「レストランオートメーション」と呼んでいました。ハンディターミナルを店内POSと連動させて、オーダー情報は厨房内へ送信するシステムです。現在でも、基本的にはこのスタイルを踏襲しています。

 

当時は、ファミレス程度の店舗で、システム導入費用が1店舗あたり約600万円以上と高額でした。でも、店舗経営者の中には、システム導入メリットを感じとり、積極的に導入を進めていった企業もありました。

 

あれから20年以上経過して、今ではハンディターミナルが「スマートフォンやタブレットPC」などへ替わりました。システム導入費用については、1店舗あたり約100万円以下です。昔を知っている人から見ると、正直驚きです。これも、コンピュータが時代と共に進化してきた結果です。

 

20年前は、それなりに物やサービスが売れていた感覚があります。少しでも、良い物を購入したいという、消費者の行動も顕著でした。一方今では、物が溢れ・・・これといった「すぐ欲しい物」がありません。こんな時代ですから、販売行為が以前より非常に難しくなってきたと言えます。

 

そこで、「原点に戻る」ことを考えましょう・・・。
お薦めは、江戸時代から大正時代まで利用された『大福帳』の教えです。「いつ・どこの・誰が・何を・どれだけ」といった「顧客情報と売上情報」が詰まっていた大福帳の考え方・・・いわゆる「顧客管理の考え方」を再現してみるのです。

 

今であれば、進化したコンピュータ技術など活用することで、誰でも簡単にチャレンジできます。
多少の金額は発生しますが、あとは「行動するか・しないか」です。以前に比べれば、かなり導入のハードルは下がっています。

 

最後は、あなたの「決断」だけです。

 

この記事を書いた人

大久保 久明顧客管理・顧客資産運用アドバイザー/情報セキュリティ管理士
大学卒業後、OA機器およびシステム販売、サプライ品販売、コンピュータ帳票の設計などに携わる中で、カードを活用した顧客(会員)管理システムの販売担当となる。
その後、カード後加工(エンボス、エンコードなど)の情報処理専門企業へ入社し、カードの総合的な知識を習得する。また、大手アミューズメント企業向会員管理の業務受託を通じて、プライバシーマークの取得・更新にもかかわった。(更新審査4回に立ち会う)
現在、ビジネスマッチングにも積極的にかかわり、多くの異業種コラボを実現している。顧客資産の運用アドバイスを中心にしながら、企業PR・商品やサービスPRなど販促活動も行っている。また、将来有望な人材に対して、セミナー開催や事業アドバイスなどの支援活動をライフワークとしている。