初対面の相手から「どんなお仕事をされているのですか?」と必ず聞かれますよね。
士業関係者なら、例えば「税理士です」とか「行政書士です」と返事をすれば、相手もすぐ理解してくれます。私の場合、このように返事しています。「ポイントカードなど、カードと連動した顧客管理を導入される企業のサポートなど『顧客管理アドバイザー』として活動しています」・・・正直、これだけでは、なかなか理解していただけません。

 

そこで、具体的な事例を上げて説明すると、やっと理解してもらえます。
そのあと、一番多い言葉が「そんなお仕事があるんですね・・・」であり、残念ながら一般的には、まだ認知されていない仕事です。確かに、自分のような活動をしている人は、国内でもほんの僅かでしょう。「ポイントカードの製造販売」や「顧客管理システムの販売」をしている企業は多くあるので、私がそれらを販売している人と思っているようです。まだまだ、私からの情報発信が不足していますね・・・。

 

私が、この仕事をする「きっかけ」は、自分の反省からです。
実は、少し前まで「ポイントカードの製造販売」や「顧客管理システムの販売」を私自身がしていました。とにかく販売することが優先なので、カードやシステムの販売後は、ほとんどがユーザー任せです。ユーザーの導入目的は「利益改善」なのに、期待した結果が出ていないケースもありました。それは、導入後のフォローが少ないからです。カードや顧客管理ソフトを上手く活用すれば、必ず利益改善につながります。しかし、販売会社は納品が完了すれば、また次の商談へ向かわなければなりません。

 

そのため、ユーザーは「周年案内」や「誕生月案内」など、ありきたりな利用しかできていません。これでは、せっかく導入した意味がありません。本来は、顧客管理ソフトで知り得た「顧客分析結果」を最大限活用して、「プロモーション活動」へつなげることが重要なのです。でも、これができていないユーザーが多いため、「ポイントカードを導入しても・・・利益改善にはつながらない」という考えになってしまう訳です。これは、非常に残念なことです。

 

詳細は省きますが、カード会員全員にDMハガキを送る必要もありませんし、顧客すべてに対して「同等な扱い」をする必要はありません。企業は限られた予算の中で、可能なことからプロモーション活動をすれば良いのです。少しずつでも構いませんので、とにかく継続することが大切です。

 

今の私の使命は、「顧客管理を通じ、顧客と企業との信頼関係を構築し、最終的には企業の利益改善を目指すサポートをする」ことです。これからも、それに向かって邁進いたします。

 

この記事を書いた人

大久保 久明顧客管理・顧客資産運用アドバイザー/情報セキュリティ管理士
大学卒業後、OA機器およびシステム販売、サプライ品販売、コンピュータ帳票の設計などに携わる中で、カードを活用した顧客(会員)管理システムの販売担当となる。
その後、カード後加工(エンボス、エンコードなど)の情報処理専門企業へ入社し、カードの総合的な知識を習得する。また、大手アミューズメント企業向会員管理の業務受託を通じて、プライバシーマークの取得・更新にもかかわった。(更新審査4回に立ち会う)
現在、ビジネスマッチングにも積極的にかかわり、多くの異業種コラボを実現している。顧客資産の運用アドバイスを中心にしながら、企業PR・商品やサービスPRなど販促活動も行っている。また、将来有望な人材に対して、セミナー開催や事業アドバイスなどの支援活動をライフワークとしている。