カードを活用した会員(顧客)管理をする場合、カード発行料(相場で100~200円が多い)を「会員希望者から徴収するかどうか・・・」非常に悩みますよね。

 

今でも、カード発行料を徴収しているところは比較的多いです。カードの種類や作成数量などにも影響しますが、プラスチックカードですと単価100~150円(税別)程度になります。

 

この高価なカードを会員希望者へどんどん無料配布することは、企業側として確かに抵抗があります。また、顧客の中には、「カード発行料を取るの?」という感覚を持つ人もいるので、判断が難しいところです。このあたり、企業として「カード会員の扱いをどう捉えるのか」が、ひとつの判断材料となります。

 

店舗などでは、会員価格と非会員価格を設けているところがあります。会員価格のほうがお値打ちになっていますので、顧客は「長い目で見たら、カード発行料を支払ってもお得・・・」という考えになります。温浴施設も、このパターン(カード発行料を徴収する)が多いですね。

 

今後の会員(顧客)管理を考えた場合、大きな目的として「顧客との信頼関係を構築する」ことがあげられます。企業として、「自社のファンを育成していくためのカード活用」という捉え方が必要です。この場合、カードを持っている人は、企業に貢献している優良顧客です。

 

従って、この優良顧客から、カード発行料を徴収する考えは起きないでしょう。従来は、とにかく会員を増やすために、多くの会員カードを発行すること自体が目的になっていました。1回きりのお客様にも、高価なカードを無料配布していたのです。

 

これからのカード活用を考えた場合、カード発行料を徴収することは少なくなるでしょう。
例えば、比較的安価な紙製スタンプカードから始まり、ランクアップした顧客に正式な「プラスチック製会員カード」を持っていただくようなイメージです。正式会員カードを持っていることが、ステータス(優良顧客の証)となる訳です。

 

あと、多くの人が勘違いをされていますが、大部分の会員カードは「企業からの貸与」になっています。注意事項をよく見ると、そのような文言が必ず入っています。貸与ですから、本来は不要になったらカードを返却しなければなりません。

 

この記事を書いた人

大久保 久明顧客管理・顧客資産運用アドバイザー/情報セキュリティ管理士
大学卒業後、OA機器およびシステム販売、サプライ品販売、コンピュータ帳票の設計などに携わる中で、カードを活用した顧客(会員)管理システムの販売担当となる。
その後、カード後加工(エンボス、エンコードなど)の情報処理専門企業へ入社し、カードの総合的な知識を習得する。また、大手アミューズメント企業向会員管理の業務受託を通じて、プライバシーマークの取得・更新にもかかわった。(更新審査4回に立ち会う)
現在、ビジネスマッチングにも積極的にかかわり、多くの異業種コラボを実現している。顧客資産の運用アドバイスを中心にしながら、企業PR・商品やサービスPRなど販促活動も行っている。また、将来有望な人材に対して、セミナー開催や事業アドバイスなどの支援活動をライフワークとしている。