昨日、ビジネスパートナーと近況を話し合っていました。
そのとき、彼がこんな発言をしたのです・・・。

「顧客管理の考え方って、企業など組織の中でも一緒ですよね・・・」

「従業員やスタッフとの『信頼関係』が強固でないと、企業など組織は長続きしませんから・・・」

確かに!!
「企業など組織とお客様(顧客)との関係」を外向きの考え方、一方「企業など組織と従業員やスタッフとの関係」を内向きの考え方とすると、これらの共通語は「信頼」であり、結局「根本は同じである」という発想です。

顧客管理の話しをするとき、顧客から信頼を得て、永く取引いただける関係を作りましょう」と説明しますが、下線の文字を「顧客⇒従業員やスタッフ、取引⇒仕事して」と置き換えたら・・・

妙に納得できませんか?
自分はすごく納得できました。

顧客管理が外的な考え方とするなら、では内的な考え方とは・・・?
それは、「勤怠管理」でないかと。

顧客管理では、顧客と企業との関係を数値化(見える化/売上など)し、それらの分析結果を基に対策を考えます。
勤怠管理では、従業員やスタッフの行動を数値化(見える化/勤務時間など)し、それらの分析結果を基に対策を考えます。

根本は同じですよね。
ご存知の通り、2014年6月に「改正労働安全衛生法」が成立し、従業員50名以上の全事業所で「ストレスチェック」が義務化されます。

これは、国が「メンタルヘルス対策の充実・強化等」を目的として、全事業所に対し義務付けた法律であり、疲弊している従業員など救うものとして期待されています。

そこで、自分が今後掲げる課題のひとつとして、「勤怠管理」をテーマに考えていくつもりです。
今後は、社労士など仲間の協力を得ながら、このテーマに取り組んでいければと考えています。もし、この考えに共感し、一緒に挑戦したいと思った方は是非ご連絡ください。お待ちしております。

 

この記事を書いた人

大久保 久明顧客管理・顧客資産運用アドバイザー/情報セキュリティ管理士
大学卒業後、OA機器およびシステム販売、サプライ品販売、コンピュータ帳票の設計などに携わる中で、カードを活用した顧客(会員)管理システムの販売担当となる。
その後、カード後加工(エンボス、エンコードなど)の情報処理専門企業へ入社し、カードの総合的な知識を習得する。また、大手アミューズメント企業向会員管理の業務受託を通じて、プライバシーマークの取得・更新にもかかわった。(更新審査4回に立ち会う)
現在、ビジネスマッチングにも積極的にかかわり、多くの異業種コラボを実現している。顧客資産の運用アドバイスを中心にしながら、企業PR・商品やサービスPRなど販促活動も行っている。また、将来有望な人材に対して、セミナー開催や事業アドバイスなどの支援活動をライフワークとしている。