事業所利益の多くは、事業所のファンから得られると言っても過言ではありません。

 

販売管理をコンピュータで実施している事業所なら、

 

得意先順位表(ランキング)などの管理資料を見ると、ご理解いただけると思います。

 

世間は、これをパレートの法則(80:20)として紹介されることが多いです。

 

事業所全利益の80%を顧客全体の20%が生み出している事実がある以上、

 

この20%の顧客(事業所のファン:優良顧客)とどう付き合うかが重要なテーマとなります。

 

そこで、事業所が考えるフレームとして、行うべき手順は大きく分けて次の通りです。

 

①ファン(優良顧客)が誰であるかを明確にする。

 

②ファン(優良顧客)との接触回数を増やす。

 

③ファン(優良顧客)に対し事業者の想いを伝える。

 

細かいことを上げればキリはありませんが、まとめるとこの3点ではないかと思っています。

 

①については、コンピュータシステムを利用されているのならすぐわかります。

 

②については、業態・業種によって若干異なりますが、適度な接触を心がけましょう。

 

③については、想いの伝え方となりますが、ここが一番大切なところです。

 

①や②は比較的すぐ取り組めそうですが、③は案外悩むかも知れません。

 

人は感情に大きく左右されますので、想いの伝え方として「ストーリー性」を意識し、

 

「価値観や世界観」あるいは「こだわり」など正直に話すことが重要だと思います。

 

このあたりについては、専門家と相談する方法もありですね。

 

この記事を書いた人

大久保 久明顧客管理・顧客資産運用アドバイザー/情報セキュリティ管理士
大学卒業後、OA機器およびシステム販売、サプライ品販売、コンピュータ帳票の設計などに携わる中で、カードを活用した顧客(会員)管理システムの販売担当となる。
その後、カード後加工(エンボス、エンコードなど)の情報処理専門企業へ入社し、カードの総合的な知識を習得する。また、大手アミューズメント企業向会員管理の業務受託を通じて、プライバシーマークの取得・更新にもかかわった。(更新審査4回に立ち会う)
現在、ビジネスマッチングにも積極的にかかわり、多くの異業種コラボを実現している。顧客資産の運用アドバイスを中心にしながら、企業PR・商品やサービスPRなど販促活動も行っている。また、将来有望な人材に対して、セミナー開催や事業アドバイスなどの支援活動をライフワークとしている。