何か新しいことにチャレンジするとき、「専門家から教えてもらう」こと・・・


「これって重要です!」


私ごとですけど、自分の娘が少し前からアコースティックギターを弾き始めました。


ギターは、35年以上前に購入したMyギターです。


娘は市販の教則本やギター好きの知人に習って、しばらく独学にて練習していました。


自分が教える手もありましたけど、身内ですとお互い甘えが出てしまうのであまり教えませんでした。


ご存知の人もいるとは思いますが、ギターを始めると「必ずぶち当たる壁」があります。


そうです。


Fを代表とする「バレーコード」と「コードストローク」・・・。


いずれも力の入れ加減が難しく、ここを突破できずにギター演奏をあきらめる人も多い難所です。


そこで、娘からの要望もあり、ある「信頼する先生」(独自のメソッドをお持ちです)に指導をお願いしました。


やっぱり、「すごい」です。


練習(指導)でポイントをつかみ、以前より上手く弾けるようになったことで娘は感動していました。


これから、毎日の練習を継続すれば、間違いなく上達するでしょう。


もし、娘が今でも独学を続けていたとしたら・・・


時間はかかりますが、上達したかも知れません。


ひょっとして、なかなか上達しないため、ギター演奏をあきらめてしまったかも・・・


それが、今では専門家のアドバイスで、本人がヤル気になっています。


やはり、ビジネスにおいても同じで、専門家にアドバイスを受けることは、非常に大切なことだと思います。


ほんのちょっとしたアドバイスだけで、大きく変わる場面をいくつか見てきました。


ひとりで、いつまでも悩むより、専門家の力を借りたほうが良い時ってありますから・・・。

 

この記事を書いた人

大久保 久明顧客管理・顧客資産運用アドバイザー/情報セキュリティ管理士
大学卒業後、OA機器およびシステム販売、サプライ品販売、コンピュータ帳票の設計などに携わる中で、カードを活用した顧客(会員)管理システムの販売担当となる。
その後、カード後加工(エンボス、エンコードなど)の情報処理専門企業へ入社し、カードの総合的な知識を習得する。また、大手アミューズメント企業向会員管理の業務受託を通じて、プライバシーマークの取得・更新にもかかわった。(更新審査4回に立ち会う)
現在、ビジネスマッチングにも積極的にかかわり、多くの異業種コラボを実現している。顧客資産の運用アドバイスを中心にしながら、企業PR・商品やサービスPRなど販促活動も行っている。また、将来有望な人材に対して、セミナー開催や事業アドバイスなどの支援活動をライフワークとしている。