大切な愛犬を亡くしてから、すでに3年ほど経過しました。

 

また、この時期になると、お世話になったお寺での「動物盂蘭盆会(どうぶつうらぼんかい)」が開催されます。

 

今年も家族で参加しましたが、毎年、少しずつ参加者が増えており、動物を家族と同様に大切にしている人たちは多いようです。

 

動物供養は「座」というグループ単位(約30家)で行なわれるのですが、Aグループ(第一座)から始まり、B・C・・・と続きます。

 

私の家族は「Fグループ(第6座)」でしたが、15時30分の受付開始から19時30分の受付終了までこれが続くのです。

 

最初の受付待ちから供養終了まで約2時間近く、すっと列に並んで順番を待つ訳ですから、この炎天下の中において重労働だと思います(冷やしたペットボトルは必需品です)。

 

参加者は、それぞれかわいがっていた犬や猫などのことを思い出しながら、子供から高齢者、障がい者まで順番待ちしています。

 

非常に不謹慎な発言ですが、この「動物盂蘭盆会(どうぶつうらぼんかい)」を「会員組織のビジネス」として考えた場合、理にかなっていると思います。

 

動物を弔うため、最初にお寺を利用する際、個人情報等を収集することで顧客(会員)管理し、定期的なDMフォローを実施することで信頼関係を構築していきます。

 

顧客(会員)は大切にしていた愛犬や愛猫のため、「しっかり供養してあげたい」という気持ちがあります。

 

そこで、お寺が「動物盂蘭盆会(どうぶつうらぼんかい)」の案内をすると、高い率の参加者が見込まれるのです。

 

もちろん、一家族対応の「バックエンド・メニュー(高額品/限定数のみ)」も用意されており、マーケティング的にはまとめられています。

 

今回の例は「継続課金型会員制ビジネス」を考えた場合、非常に参考になるかと思います。

 

あなたのビジネスにも、「この方法を取り入れることができないか・・・」

 

是非検討してみてください!

 

******* お知らせです! *******


利益改善につながる「ポイントカードや顧客管理の方法、継続課金の方法」など、あなたの「ビジネス上の悩みや不安」を私と一緒に解消してみませんか?


話題のマイナンバー制度に絡んだ個人情報保護の質問もOKです。



私が「今まで体験したこと」など、もし参考になるのであればお話しします。


また、必要に応じて、あなたが望む人たちのご紹介も・・・(専門家チームを持っています)。


個人情報保護やコンピュータのシステム導入サポートなど30年近く携わっていますから、もういろいろと・・・失敗も数知れず経験しています。


あなたが「何かヒントをつかんでくだされば・・・」幸いです。


気になったら、是非問合せしてくださいね。


初回は無料ですよ(但し、月間3名まで)。


売り込みはありませんから・・・(笑)


相談は、まず こちら から

 

この記事を書いた人

大久保 久明顧客管理・顧客資産運用アドバイザー/情報セキュリティ管理士
大学卒業後、OA機器およびシステム販売、サプライ品販売、コンピュータ帳票の設計などに携わる中で、カードを活用した顧客(会員)管理システムの販売担当となる。
その後、カード後加工(エンボス、エンコードなど)の情報処理専門企業へ入社し、カードの総合的な知識を習得する。また、大手アミューズメント企業向会員管理の業務受託を通じて、プライバシーマークの取得・更新にもかかわった。(更新審査4回に立ち会う)
現在、ビジネスマッチングにも積極的にかかわり、多くの異業種コラボを実現している。顧客資産の運用アドバイスを中心にしながら、企業PR・商品やサービスPRなど販促活動も行っている。また、将来有望な人材に対して、セミナー開催や事業アドバイスなどの支援活動をライフワークとしている。