利用者を特定するときに使われるカード。

 

紙製やプラスチック製など、様々な仕様があります。

 

でも、「カード」と言えば・・・

 

プラスチック製を指すことが多いようです。

 

金融機関で利用される「クレジットカード」や「キャッシュカード」など有名ですね。

 

これらのカードですが、カード上部にある「磁気テープ」に情報が書き込まれており、

 

その情報をカードリーダーが読み取ることで、カードの持ち主(個人)を特定しているのです。

 

あなたは、この磁気テープに書き込まれている情報量がどれくらいか・・・ご存知ですか?

 

実は、たったの72文字(厳密に利用可能な文字数は69文字)。

 

驚きましたか?

 

従って、偽造カードが作りやすいという理由で、金融機関ではICカードへ少しずつ移行しています。

 

ICカードに変更する(情報量が格段に増える)ことにより、偽造しにくいカードへと変わります。

 

しかし、カードリーダーも同様に変えなければならないため、

 

社会全体に拡がるまで、しばらく時間がかかりそうです(導入コストも膨大です)。

 

なじみのある磁気テープ付カード【通常、「磁気カード」と呼びます】ですが、

 

時々、「反応してくれない」場合があります(「エラーカード」と呼びます)。

 

エラー理由のほとんどが「磁気不良」です。

 

磁気不良とは「磁気部分が何らかの原因で消えてしまう」ことを言います。

 

具体的には、磁気テープ部分を「強い磁気の発生するもの」に近づけたりすると。

 

その部分が消されてしまうのです(上書きされるイメージ)。

 

よって、カードを通しても、カードリーダーはカード認識ができなくなります。

 

今では、磁気テープの代わりとして「バーコード」を認証することが多くなってきました。

 

バーコードであれば、磁気テープのような現象が起きないため、好んで利用されるようになりました。

 

最近では、カードではなく「スマートフォンで認証させよう」という動きも出ています。

 

時代の移り変わりとともに、これらツールはどんどん変化していきます。

 

人も「変化できないと」生きていけません。

 

ある意味同じですね・・・。

 

 

この記事を書いた人

大久保 久明顧客管理・顧客資産運用アドバイザー/情報セキュリティ管理士
大学卒業後、OA機器およびシステム販売、サプライ品販売、コンピュータ帳票の設計などに携わる中で、カードを活用した顧客(会員)管理システムの販売担当となる。
その後、カード後加工(エンボス、エンコードなど)の情報処理専門企業へ入社し、カードの総合的な知識を習得する。また、大手アミューズメント企業向会員管理の業務受託を通じて、プライバシーマークの取得・更新にもかかわった。(更新審査4回に立ち会う)
現在、ビジネスマッチングにも積極的にかかわり、多くの異業種コラボを実現している。顧客資産の運用アドバイスを中心にしながら、企業PR・商品やサービスPRなど販促活動も行っている。また、将来有望な人材に対して、セミナー開催や事業アドバイスなどの支援活動をライフワークとしている。