ビジネスをする上で、非常に大切な「スキル」として次の3つがあります。


①マーケティング


②コピーライティング


③パブリックスピーキング


確かに、これらのすべてを上手くできる人は、間違いなくビジネスが回ります。


「顧客を創造する仕組み」を持ち、文面を通じて「顧客を共感させること」ができ、相手に「自分の想いを伝えること」ができたら、それは当然のことでしょう。


これらのスキルが、すべてひとりで対応することができたら、本当に素敵ですけどね・・・。


自分のまわりで「この人すごい!」と思うとき、ほとんどの人がこれらのスキルを身に着けています。


たぶん、その人は、これらのスキルの重要性を認識しながら、少しずつ自分のものとして取り込んだのでしょう。


ただ、ひとりで短期間に、これらのスキルをすべて身に着けることはかなり難しいです。


であれば、次の考え方ならどうでしょうか・・・?


それぞれのスキルが得意な人と組んで、分担しながらビジネスを進めて行く方法です。


これであれば、比較的ハードルが低く感じられませんか?


特に、起業して間もない人などは、自分のまわりでこのような人を捜すことから、始めてみると良いかも知れません。


そしていつの日か、これらのスキルが身に着いたとき、一段レベルの上がった自分に気づくことでしょう。


あなたのまわりに、それぞれが得意な人・・・いませんか?

 

この記事を書いた人

大久保 久明顧客管理・顧客資産運用アドバイザー/情報セキュリティ管理士
大学卒業後、OA機器およびシステム販売、サプライ品販売、コンピュータ帳票の設計などに携わる中で、カードを活用した顧客(会員)管理システムの販売担当となる。
その後、カード後加工(エンボス、エンコードなど)の情報処理専門企業へ入社し、カードの総合的な知識を習得する。また、大手アミューズメント企業向会員管理の業務受託を通じて、プライバシーマークの取得・更新にもかかわった。(更新審査4回に立ち会う)
現在、ビジネスマッチングにも積極的にかかわり、多くの異業種コラボを実現している。顧客資産の運用アドバイスを中心にしながら、企業PR・商品やサービスPRなど販促活動も行っている。また、将来有望な人材に対して、セミナー開催や事業アドバイスなどの支援活動をライフワークとしている。