人間の脳は忘れるようにできています。


自分が体験したことすべてをずーっと、またしっかり記憶していたとしたら・・・


確かに気持ち悪いですよね。


そこで脳は、だいたい次のタイミングで物事を忘れるようにできているそうです。


最初が3日後、次に21日後(3週間)、最後に3ヶ月後。


ある物事を体験してから、3ヶ月間一度も思い出すことがなければ、それ以降にその物事を思い出す確率は極めて低くなるようです(但し、強烈に印象が残った事象などは別)。


従って、あなたの顧客の忘れそうなタイミングに、あなたからからアクションを起こすことが非常に重要なのです。


具体的には、メール・ハガキ、またはニュースレターなどできることから始めてみましょう。


これらは「顧客管理」をしていると、比較的簡単にできます。


顧客は定期的なレターなど受け取ることで、あなたを思い出し親しみがわき、ちょっと気になります。


このように、顧客があなたのことを忘れそうなタイミングで、「気づかせる」ためのきっかけを意図的に作りましょう。


その際、よく勘違いされるのですが、データのある顧客全員に毎度送る必要はありません。


例えば、この内容なら「ファン層」だけとか、しばらく来店されていない「過去客層」へとか・・・状況に応じて調整してもよいのです。


「目的や予算」など応じて、都度変えても構いません。


案外おもしろい結果が出ると思いますよ。

この記事を書いた人

大久保 久明顧客管理・顧客資産運用アドバイザー/情報セキュリティ管理士
大学卒業後、OA機器およびシステム販売、サプライ品販売、コンピュータ帳票の設計などに携わる中で、カードを活用した顧客(会員)管理システムの販売担当となる。
その後、カード後加工(エンボス、エンコードなど)の情報処理専門企業へ入社し、カードの総合的な知識を習得する。また、大手アミューズメント企業向会員管理の業務受託を通じて、プライバシーマークの取得・更新にもかかわった。(更新審査4回に立ち会う)
現在、ビジネスマッチングにも積極的にかかわり、多くの異業種コラボを実現している。顧客資産の運用アドバイスを中心にしながら、企業PR・商品やサービスPRなど販促活動も行っている。また、将来有望な人材に対して、セミナー開催や事業アドバイスなどの支援活動をライフワークとしている。