突然ですが、あなたのお店は「忙しいけど・・・なぜか儲かっていない現象」になってはいませんか?


通常、忙しい訳ですから、それなりの来店客数があり、充分な利益があってもよいはずです。


でも実際は・・・。


なぜ、このような現象になってしまうのでしょうか?


考えられる理由のひとつとして、「フリーペーパーや割引チラシ」など、集客のため頻繁に利用していることが挙げられます。


利用者の立場からすると、商品・サービスの「30%OFF」など見せつけられることで興味を持ちます。


「価格に敏感な人たち」は、こぞって店に訪れることでしょう。


一方、お店はフリーペーパーや割引チラシなど、多額な広告料など支払う必要があります。


お店はこれらを継続することで、なんとか集客を維持しているのです。


その結果、お店の利益は「商品・サービスの値引や広告料支払い」のため、大きく削られてしまいます。


やがて、顧客は値引のときにしかお店を利用しなくなり、やがてお店の維持自体が困難になります。


もし、あなたのお店が今、このような現象に陥っているのであれば、早急に手を打つ必要があります。


まずは、値引だけに頼らないお店作りを目指しましょう。


そのためには、お店の顧客管理を実施して、既存顧客の動向をしっかり分析することです。


既存顧客を管理することが、売上(利益)の「安定」につながります。


最初は「土台作り」からです。


どんな事業でも同じですが、売上(利益)のベースを持たず、常に新しい売上のみを追う行為は、決して事業を長く続けることができません。


やがて疲れてしまいます。


家を建てるときのように、まず「基礎(土台作り)」から始めることを考えましょう。


わかっていることですが、案外できていないものです。

 

この記事を書いた人

大久保 久明顧客管理・顧客資産運用アドバイザー/情報セキュリティ管理士
大学卒業後、OA機器およびシステム販売、サプライ品販売、コンピュータ帳票の設計などに携わる中で、カードを活用した顧客(会員)管理システムの販売担当となる。
その後、カード後加工(エンボス、エンコードなど)の情報処理専門企業へ入社し、カードの総合的な知識を習得する。また、大手アミューズメント企業向会員管理の業務受託を通じて、プライバシーマークの取得・更新にもかかわった。(更新審査4回に立ち会う)
現在、ビジネスマッチングにも積極的にかかわり、多くの異業種コラボを実現している。顧客資産の運用アドバイスを中心にしながら、企業PR・商品やサービスPRなど販促活動も行っている。また、将来有望な人材に対して、セミナー開催や事業アドバイスなどの支援活動をライフワークとしている。