広告と言えば・・・折り込みチラシ、フリーペーパー、屋外広告などが思い浮かびますよね。
今回ご紹介するサービスは、地域密着型ビジネスを展開されている事業所にとって、非常に魅力的な新しい広告手法です。

 

今は、リスティング広告・アフィリエイト広告・facebook広告など、ネット広告が主流となっていますが、まだまだリアル広告の効果は大きいですし、特に、地域密着型ビジネスにおいては、もっとリアル広告を活用するべきだと思います。

 

このたびご紹介するサービスは、カテゴリーとしてリアル広告の位置付けですが、とにかく発想がおもしろく気に入っています。
サービス名は「PRポケット」です。

 

簡単な特長として、

①地域密着型向広告 ②スーパーへ買物に訪れる女性客がターゲット ③看板にチラシポケットが付く

 

このPRポケットですが、ターゲットを「スーパー(地域密着)へ買物に訪れる女性客」にフォーカスしています。ターゲットを絞ることは大切なことですから、このターゲット層にドンピシャな事業所のご担当者には興味を持っていただけるはずです。

 

通常、スーパーにはレジ精算後、袋(レジ袋)などへ購入商品を詰め込むテーブルがあります。テーブル上には「ロール状の袋・セロテープ・ヒモなど」消耗品のまとまった器具が必ず備え付けられています。

 

その「ロール状の袋・セロテープ・ヒモなど」消耗品のまとまった器具と、広告看板がセットになっている姿をイメージしてください。これが「PRポケット」の正体です。常に、お客様の視界に入りますので、思わず広告看板を見てしまうのです。

 

また、この広告看板にはなんと「ポケットが付いている」ため、「ショップカードやクーポンなど入れて置く」と、興味を持ったお客様に持ち帰っていただけます。

 

さらに、設置場所がスーパーですから、お客様は定期的に何度も来店するため、見る回数が増えることで印象に残りやすく、事業所の宣伝効果としては非常に高くなります。地域密着型ビジネスを展開されている事業所にとって、ありがたい広告手法と言えそうです。

 

顧客管理の観点では「集客」の要素となりますが、ポイントは「広告を定期的に何度も見ていただく」ところにあります。人間の記憶は、「大部分が3日後に脳から消える」と言われており、定期的に何度も見せることで、「脳の記憶に残りやすい」という効果につながります。



地域密着型ビジネスを展開している事業所には、ちょっと変わった新しい広告手法になることでしょう。

 

このサービスの詳細を知りたいかたは「こちら」をご覧ください!

 

この記事を書いた人

大久保 久明顧客管理・顧客資産運用アドバイザー/情報セキュリティ管理士
大学卒業後、OA機器およびシステム販売、サプライ品販売、コンピュータ帳票の設計などに携わる中で、カードを活用した顧客(会員)管理システムの販売担当となる。
その後、カード後加工(エンボス、エンコードなど)の情報処理専門企業へ入社し、カードの総合的な知識を習得する。また、大手アミューズメント企業向会員管理の業務受託を通じて、プライバシーマークの取得・更新にもかかわった。(更新審査4回に立ち会う)
現在、ビジネスマッチングにも積極的にかかわり、多くの異業種コラボを実現している。顧客資産の運用アドバイスを中心にしながら、企業PR・商品やサービスPRなど販促活動も行っている。また、将来有望な人材に対して、セミナー開催や事業アドバイスなどの支援活動をライフワークとしている。