企業の多くが、何らかのかたちで「顧客管理」を行っています。

 

しかし、実際はコンピュータなど活用して「情報収集しているだけ・・・」という企業も多いのです。

 

従って、周年記念や誕生月特典など・・・ごく一般的な内容だけで終わっています。

 

これでは、正直、非常にもったいないです。

 

もし収集しているデータの中に「顧客の利用金額(回数)・利用頻度」が含まれているのなら、

 

これら貴重な情報をビジネス活動に是非活かしていただきたいのです。

 

購入(利用)履歴は顧客管理のお宝

 

ある期間(最低3ヶ月~6ヶ月間)の顧客の利用金額(回数)・利用頻度のデータを活用することで、

 

どの顧客が企業にとって「貢献客」を知ることができます。

 

業種によって、金額(回数)・頻度は異なりますから、そのあたりについては企業内での議論が必要です。

 

一般論ですが、3ヶ月~6ヶ月間に3回以上購入(利用)する顧客「貢献客となる可能性が高い」

 

と言えるでしょう(この数値ですが絶対的なものではありません)。

 

貢献客を知ることができたら、企業としてその顧客とは「お取引を長く続けたい」と考えますよね・・・。

 

ここから、いわゆる「プロモーション活動」に移る訳ですが、

 

その方法については、企業内で十分に検討しなければなりません。

 

当たり前ですが、「プロモーション活動にかけられる予算内で実現可能なこと」を考えるのです。

 

プロモーション活動の鉄則としては、「効果が見込めるところへ予算を集中する」ことでしょう。

 

この記事を書いた人

大久保 久明顧客管理・顧客資産運用アドバイザー/情報セキュリティ管理士
大学卒業後、OA機器およびシステム販売、サプライ品販売、コンピュータ帳票の設計などに携わる中で、カードを活用した顧客(会員)管理システムの販売担当となる。
その後、カード後加工(エンボス、エンコードなど)の情報処理専門企業へ入社し、カードの総合的な知識を習得する。また、大手アミューズメント企業向会員管理の業務受託を通じて、プライバシーマークの取得・更新にもかかわった。(更新審査4回に立ち会う)
現在、ビジネスマッチングにも積極的にかかわり、多くの異業種コラボを実現している。顧客資産の運用アドバイスを中心にしながら、企業PR・商品やサービスPRなど販促活動も行っている。また、将来有望な人材に対して、セミナー開催や事業アドバイスなどの支援活動をライフワークとしている。