ビジネスで重要なひとつとして「顧客を知る」ことがあげられます。

 

ここで「知る」という意味は、あなたにとって大切にしなければならない顧客を「特定する」ことです。

 

大切な顧客とは、

 

一般論ですが、売上(利益)の貢献度が高く、取引を長期間継続している顧客と言えるでしょう。

 

そこで、その対象顧客を特定するために、正確な判断のできるコンピュータシステムを利用する訳です。

 

では、なぜそこまでして、大切な顧客を特定する必要があるのか・・・。

 

それは、限られた予算を大切な顧客へ有効活用するためであり、

 

それがビジネスの売上(利益)を安定させる手段としてはベストな方法だからです。

 

すべての顧客に対して、一律な対応という考えは、顧客管理の観点から見ると合理的でなく、

 

貢献度の「高い顧客」と「そうではない顧客」との対応が、まったく同じ(平等)であったとしたら、

 

あなたは違和感を覚えませんか?

 

実際、貢献度の高い顧客ほど、そのあたりを非常に厳しく見ていることは間違いありません。

 

また、顧客自体も貢献度によって、対応の差があることは「仕方のないこと」と理解しています。

 

注意点ですが、顧客を特定するにあたり、時々、「感覚」で判断する人を見かけます。

 

「あの顧客はいつも購入してくれるから、貢献度が高いはず・・・」など、

 

判断する人の感覚だけで決めてしまうのです。

 

判断する際は、必ず「数値(金額や回数など)」を基準とし総合的に決めてください。

 

この記事を書いた人

大久保 久明顧客管理・顧客資産運用アドバイザー/情報セキュリティ管理士
大学卒業後、OA機器およびシステム販売、サプライ品販売、コンピュータ帳票の設計などに携わる中で、カードを活用した顧客(会員)管理システムの販売担当となる。
その後、カード後加工(エンボス、エンコードなど)の情報処理専門企業へ入社し、カードの総合的な知識を習得する。また、大手アミューズメント企業向会員管理の業務受託を通じて、プライバシーマークの取得・更新にもかかわった。(更新審査4回に立ち会う)
現在、ビジネスマッチングにも積極的にかかわり、多くの異業種コラボを実現している。顧客資産の運用アドバイスを中心にしながら、企業PR・商品やサービスPRなど販促活動も行っている。また、将来有望な人材に対して、セミナー開催や事業アドバイスなどの支援活動をライフワークとしている。