ビジネスにとって、「優良顧客を得る」ことは非常に大切なことです。

 

あなたは、常に、自分にとっての優良顧客を「定義」していますか?

 

よく顔を見かける人、よく差し入れをくれる人・・・

 

この人たちの中にも、確かに優良顧客はいるのかも知れません。

 

しかし、最初は、あなたにとっての優良顧客像を明確にすることから始めてください。

 

極端な例ですが、

 

パチンコ屋さんの優良顧客は・・・長時間、お金をつぎ込んでくれる人たちです。

 

消費者金融の優良顧客は・・・長期間に渡り、借入や返済を続けてくれる人たちです。

 

ここでのポイントは「時間軸」です。

 

この例ですと、理想とする時間軸にマッチした人を捜し、

 

その人へのアプローチを続けることにより、

 

ビジネスは必ず好転します。

 

やみくもに、誰にでもアプローチする必要はなく、あなたが理想とする人たちだけでよいのです。

 

そのためにも、理想とする人たちの「基準を数値化する」必要があります。

 

自分にとっての優良顧客は、「この基準を満たす人たち」という明確な基準です。

 

実は、この作業すら行っていない経営者が大変多いことに気づきました。

 

基準の数値化については、業態や業種によって異なるため、そのあたりは検討してくださいね。

 

この記事を書いた人

大久保 久明顧客管理・顧客資産運用アドバイザー/情報セキュリティ管理士
大学卒業後、OA機器およびシステム販売、サプライ品販売、コンピュータ帳票の設計などに携わる中で、カードを活用した顧客(会員)管理システムの販売担当となる。
その後、カード後加工(エンボス、エンコードなど)の情報処理専門企業へ入社し、カードの総合的な知識を習得する。また、大手アミューズメント企業向会員管理の業務受託を通じて、プライバシーマークの取得・更新にもかかわった。(更新審査4回に立ち会う)
現在、ビジネスマッチングにも積極的にかかわり、多くの異業種コラボを実現している。顧客資産の運用アドバイスを中心にしながら、企業PR・商品やサービスPRなど販促活動も行っている。また、将来有望な人材に対して、セミナー開催や事業アドバイスなどの支援活動をライフワークとしている。