40年以上も前、はるか昔の話しです。



近所に、当時では珍しかった店内でパンを作る「パン屋」が開店しました。



そのお店では、パンを一定金額まで購入すると「1枚の紙(名刺サイズ)」をくれました。



紙の中には、パン屋の屋号(3文字)の「ひと文字が印刷」されています。


それを集めて、パン屋の屋号が揃うと「好きなパンがひとつだけ無償サービス」という内容でした。



当時、ある文字がなかなか揃わず、何度もお店へ通った想い出があります。



文字が揃ったときなど、心の中で「やったぁ~」と喜びを爆発させていました。



仕組みとしてはシンプルでアナログ的ですが、「親しみ」を持ちませんか?



今なら、「ポイントカードシステム」がこれに充当しますが、



40年以上も前に、このような仕組みを取り入れていたパン屋はスゴイです。



この仕組みなら比較的簡単にできるし、高齢者が多いお店など今でも効果がありそうですね。



集客の方法のひとつして取り入られている「ポイントカードシステム」ですが、



時には原点回帰してみることが必要かも知れません。



現在のデジタル的な発想と、アナログ的な発想を上手く融合させると、



新しい「何か」が生まれそう
な気がします。



あの近所にあったパン屋・・・今はどうなっているのかなぁ・・・。

 

この記事を書いた人

大久保 久明顧客管理・顧客資産運用アドバイザー/情報セキュリティ管理士
大学卒業後、OA機器およびシステム販売、サプライ品販売、コンピュータ帳票の設計などに携わる中で、カードを活用した顧客(会員)管理システムの販売担当となる。
その後、カード後加工(エンボス、エンコードなど)の情報処理専門企業へ入社し、カードの総合的な知識を習得する。また、大手アミューズメント企業向会員管理の業務受託を通じて、プライバシーマークの取得・更新にもかかわった。(更新審査4回に立ち会う)
現在、ビジネスマッチングにも積極的にかかわり、多くの異業種コラボを実現している。顧客資産の運用アドバイスを中心にしながら、企業PR・商品やサービスPRなど販促活動も行っている。また、将来有望な人材に対して、セミナー開催や事業アドバイスなどの支援活動をライフワークとしている。