自分は、人からいろいろ話しを聞くことが好きです。

 

「趣味の話し」や「ビジネスの話し」など、とりとめのない会話を通じ、

 

そこからおもしろそうな発想が生まれることもあります。

 

実は、少し前から、ある個別相談会へ定期的に聞き手として参加しています。

 

内容は、「社会にとって価値のある商品やサービスがある」にもかかわらず、

 

「販売先(見込先)が見つからない(見つけることができない)」事業所(個人)に対し、

 

我々が販路紹介や営業サポートする企画です。

 

そこで、感じることがあります。

 

我々は、すべての相談相手に同じような接し方をしていますが、

 

反応は各々で異なり、「行動スピード」に関すると大きく差が出ます。

 

我々としては、可能な限りお手伝いをするつもりで対応しているのですが、

 

「連絡してこない人」、「時間をかけ過ぎる人」など・・・

 

残念なことですが、現実におられます(案外多いのかも知れません)。

 

このような人たちを見て思うことは、「販売先が見つからない」と嘆く前に、

 

「まず最低限行うべきことがあるのでは・・・」と言いたくなります。

 

一方、課題など迅速に対応し、我々に意見を求める人もいるのです。

 

「どちらを応援したくなるのか」・・・あなたならわかりますよね。

 

この記事を書いた人

大久保 久明顧客管理・顧客資産運用アドバイザー/情報セキュリティ管理士
大学卒業後、OA機器およびシステム販売、サプライ品販売、コンピュータ帳票の設計などに携わる中で、カードを活用した顧客(会員)管理システムの販売担当となる。
その後、カード後加工(エンボス、エンコードなど)の情報処理専門企業へ入社し、カードの総合的な知識を習得する。また、大手アミューズメント企業向会員管理の業務受託を通じて、プライバシーマークの取得・更新にもかかわった。(更新審査4回に立ち会う)
現在、ビジネスマッチングにも積極的にかかわり、多くの異業種コラボを実現している。顧客資産の運用アドバイスを中心にしながら、企業PR・商品やサービスPRなど販促活動も行っている。また、将来有望な人材に対して、セミナー開催や事業アドバイスなどの支援活動をライフワークとしている。