個人的に「やらなければ・・・」と思いながら、実現していないことは多いです。

 

その中でも、気になっていることが「ニュースレター」の発行。

 

私の周りでは、すでに何人かが実践されていますが、

 

恥ずかしながら・・・、私は未だニュースレターを発行できていません!!

 

現在、私のところへは定期的に4通位届きますが、

 

郵送(メール便)、メールシステムを活用した方法が多いですね。

 

私は、届いたニュースレターを必ず読みます(個人的に好きです)。

 

届けられるニュースレターのサイズや内容は、企業や人によって様々ですが、

 

一般的に内容は「近況や業界情報など」多いです。

 

個人で発行されるニュースレターには、発行者の人柄が出るため親近感を抱きます。

 

企業や団体で発行される場合でも、活動内容や各種情報を見ることで、

 

対象者にとっては参考となるケースがあり、忘れていたことを思い出すことが多いのです。

 

昔から存在するニュースレターですが、なぜか思ったより採用されていません。

 

理由として、ニュースレター発行は「手間がかかる」と考えてしまうからでしょう。

 

確かに、「どんなテーマでどんな記事を書けばよいのだろう」と悩んでしまって、

 

そこでストップしている人が大半かと思います。

 

そこで、最初はA4サイズ1枚程度で身内(仲間)配布から始めて、

 

そこから、徐々に内容をブラッシュアップする方法でチャレンジすると良いかも知れません。

 

この記事を書いた人

大久保 久明顧客管理・顧客資産運用アドバイザー/情報セキュリティ管理士
大学卒業後、OA機器およびシステム販売、サプライ品販売、コンピュータ帳票の設計などに携わる中で、カードを活用した顧客(会員)管理システムの販売担当となる。
その後、カード後加工(エンボス、エンコードなど)の情報処理専門企業へ入社し、カードの総合的な知識を習得する。また、大手アミューズメント企業向会員管理の業務受託を通じて、プライバシーマークの取得・更新にもかかわった。(更新審査4回に立ち会う)
現在、ビジネスマッチングにも積極的にかかわり、多くの異業種コラボを実現している。顧客資産の運用アドバイスを中心にしながら、企業PR・商品やサービスPRなど販促活動も行っている。また、将来有望な人材に対して、セミナー開催や事業アドバイスなどの支援活動をライフワークとしている。