何か新しいことにチャレンジするとき、ワクワクすると同時に不安が消えません。

 

特に自分の知らない世界であればなおさらです。

 

私は若い頃、コンピュータ業界で働いていました(20代~30代半ば)。

 

別にコンピュータがすごく好きだった訳ではなく、

 

これからの「時代の象徴」という印象を強く持ったからです。

 

結果、現代は少なからずコンピュータに大きく依存する社会となっています。

 

この業界に入るとき、周りからは「おまえで大丈夫か?」と散々言われました。

 

コンピュータ業界とは、画面に向かってキーボードを打ち続けるイメージ。

 

しかし、これは間違いで、この業界は古くから分業制が確立されていたのです。

 

営業、SE(システムエンジニア)、PE(プログラマー)など・・・。

 

私は営業でしたから、コンピュータに向かったことなどほとんどありません(今は違うかも)。

 

営業は、顧客を含め対外的な交渉はもちろんのこと、社内スタッフとの交渉も必要です。

 

顧客からのトラブル対応も、原則、営業が行わなければなりません。

 

言い換えると、営業は「小さな集団」のマネージャーまたはプロデューサーですね。

 

営業の仕事は、各専門の担当者を信じ任せて、全体をコントロールする立場で

 

顧客の問題を解決するシステムを開発導入し、事業が円滑に進むようにすることだけです。

 

ポイントとして、「すべて自分ひとりで対応しようと絶対思わない」こと・・・。

 

この考えだけは、私の中で当時から今もまったく変わっていません。

 

この記事を書いた人

大久保 久明顧客管理・顧客資産運用アドバイザー/情報セキュリティ管理士Twitter:@card_marketing
大学卒業後、OA機器およびシステム販売、サプライ品販売、コンピュータ帳票の設計などに携わる中で、カードを活用した顧客(会員)管理システムの販売担当となる。
その後、カード後加工(エンボス、エンコードなど)の情報処理専門企業へ入社し、カードの総合的な知識を習得する。また、大手アミューズメント企業向会員管理の業務受託を通じて、プライバシーマークの取得・更新にもかかわった。(更新審査4回に立ち会う)
現在、ビジネスマッチングにも積極的にかかわり、多くの異業種コラボを実現している。顧客資産の運用アドバイスを中心にしながら、企業PR・商品やサービスPRなど販促活動も行っている。また、将来有望な人材に対して、セミナー開催や事業アドバイスなどの支援活動をライフワークとしている。