『ビジネスは顧客があってこそ成立する』という当たり前のことを、

 

常に意識している経営者って・・・実際は思ったより少ないような気がします。

 

確かに、事業者が提供する商品やサービスの良し悪しは重要な要素ですが、

 

中には他より、決して飛びぬけた商品やサービスの要素がないにもかかわらず、

 

そのなりの成功を収めている事業者がいます。

 

時代やタイミング、運もありますが、まず顧客に「気に入られる」ことが特に大切かと思います。

 

顧客に限らず、人は相手が自分の期待以上のことを行ってくれたとき、感動し好意を持ちます。

 

ビジネスの仕組みに「顧客が感動する要素を取り入れよう」と言われる理由です。

 

感動は、「信頼関係をつくるための重要な要素のひとつ」になります。

 

そこで、あなたのビジネスフローの中に、

 

顧客へ「感動を与えるエッセンス」をどこかに取り入れてみましょう!

 

お金をかけることだけ考えるのではなく、ちょっとした相手に対する気遣いなど・・・

 

すぐに行動へ移せることが必ずあると思います。

 

ただ、行動したからと言って、直ちに効果が出るとは期待しないでください。

 

人はそれぞれ当たり前の基準が違うため、反応に差が出ることはあらかじめ覚悟することです。

 

でも、行動を続けることにより、ボディブローのようにじわじわと効き目があらわれますよ。

 

この記事を書いた人

大久保 久明顧客管理・顧客資産運用アドバイザー/情報セキュリティ管理士
大学卒業後、OA機器およびシステム販売、サプライ品販売、コンピュータ帳票の設計などに携わる中で、カードを活用した顧客(会員)管理システムの販売担当となる。
その後、カード後加工(エンボス、エンコードなど)の情報処理専門企業へ入社し、カードの総合的な知識を習得する。また、大手アミューズメント企業向会員管理の業務受託を通じて、プライバシーマークの取得・更新にもかかわった。(更新審査4回に立ち会う)
現在、ビジネスマッチングにも積極的にかかわり、多くの異業種コラボを実現している。顧客資産の運用アドバイスを中心にしながら、企業PR・商品やサービスPRなど販促活動も行っている。また、将来有望な人材に対して、セミナー開催や事業アドバイスなどの支援活動をライフワークとしている。