事業者にとって、「顧客は大切である」と誰もが強く持っています。

 

顧客がいなければ、ビジネスが成立しないからです。

 

そこで、事業者は「とにかく顧客を集めよう」と躍起になります。

 

起業したばかりなら、友人や知人の協力を得て「新規顧客になってもらう」ことは必要です。

 

また、その友人や知人から「見込客を紹介してもらう」こともありでしょう。

 

とりあえず一定数の顧客を獲得しなければ、事業が成立しませんから・・・。

 

問題はここからです。

 

事業者の中には、とにかく「新規顧客の獲得を続ける」行動こそ、

 

事業継続において必須であり、「これしかない!」と考える人が少なからずいます。

 

でも、これって続けること自体・・・正直大変ですよね?

 

そんなとき、事業者にはまず「既存顧客に目を向けて欲しい」と思います。

 

既存顧客に対し、「自社が何かできる(伝える)ことはないか・・・?」と考えるのです。

 

内容は、顧客にとって価値のあるものであり、提供する商品やサービスにつながること。

 

例えば、提供する商品やサービスを活用して得られる結果(体験価値)を具体的に伝えて、

 

それを顧客に連想させ、購入(利用)につなげる方法など考えられます。

 

あとは、それらを「どのように既存顧客へ伝えるのか?」・・・最初はできることから始めるのです。

 

事業者は、ビジネスフローに「既存顧客が何度も購入(利用)していただけるような仕組み」

 

取り入れないと、事業を安定継続させることはできません。

 

この記事を書いた人

大久保 久明顧客管理・顧客資産運用アドバイザー/情報セキュリティ管理士
大学卒業後、OA機器およびシステム販売、サプライ品販売、コンピュータ帳票の設計などに携わる中で、カードを活用した顧客(会員)管理システムの販売担当となる。
その後、カード後加工(エンボス、エンコードなど)の情報処理専門企業へ入社し、カードの総合的な知識を習得する。また、大手アミューズメント企業向会員管理の業務受託を通じて、プライバシーマークの取得・更新にもかかわった。(更新審査4回に立ち会う)
現在、ビジネスマッチングにも積極的にかかわり、多くの異業種コラボを実現している。顧客資産の運用アドバイスを中心にしながら、企業PR・商品やサービスPRなど販促活動も行っている。また、将来有望な人材に対して、セミナー開催や事業アドバイスなどの支援活動をライフワークとしている。