質問です!

 

あなたの周りで、「ニュースレター」を発行している人は何人いますか?

 

自分の周りでは4~5名くらいでしょうか。

 

社労士、税理士・・・士業関係者が多いです。

 

彼らは専門家ですから、法律など改正情報や身近なエピソードを取り込んで情報発信しています。

 

方法として、今はメールで伝える人がほとんどですね。(郵送も効果あります)

 

個人的には、士業関係者こそ、もっと上手くニュースレターを活用するべきだと思います。

 

士業の場合、ビジネスがスポットで終わることも多いです。

 

ご縁があったのに、業務終了でお別れ。またいつ、次の仕事依頼があるのかわかりません。

 

ここで、「そのまま放っておくのか」または「ニュースレター」で近況など定期的に伝え続けるのか・・・。

 

この差は非常に大きいです。

 

「人は忘れる動物」と考えたとき、あなたが定期的に送るメッセージは、相手の脳に必ず記憶されます。

 

そうすると、ある人との会話の中で突然・・・

 

「その件なら○○さんに相談するといいですよ・・・」とか、

 

「そう言えばニュースレターの中で似たようなこと書いてあったなぁ・・・」など思い出すのです。

 

ニュースレターを定期発行することは大変なことですが、続けることで得られる効果もあります。

 

これからは、このニュースレターを文字だけでなく、動画など映像で伝えることも増えてくるはずです。

 

あなたが扱っている「商品やサービス」を相手に上手く伝える方法として、動画を利用することが今後ますます重要となります。

 

このあたり、勉強する必要がありそうですね。

 

 

この記事を書いた人

大久保 久明顧客管理・顧客資産運用アドバイザー/情報セキュリティ管理士
大学卒業後、OA機器およびシステム販売、サプライ品販売、コンピュータ帳票の設計などに携わる中で、カードを活用した顧客(会員)管理システムの販売担当となる。
その後、カード後加工(エンボス、エンコードなど)の情報処理専門企業へ入社し、カードの総合的な知識を習得する。また、大手アミューズメント企業向会員管理の業務受託を通じて、プライバシーマークの取得・更新にもかかわった。(更新審査4回に立ち会う)
現在、ビジネスマッチングにも積極的にかかわり、多くの異業種コラボを実現している。顧客資産の運用アドバイスを中心にしながら、企業PR・商品やサービスPRなど販促活動も行っている。また、将来有望な人材に対して、セミナー開催や事業アドバイスなどの支援活動をライフワークとしている。