顧客管理という言葉が、何か難しいイメージを醸し出しているのかも知れません。
伝える立場側として、反省しなければなりません。顧客管理の本質は、「顧客との信頼関係を構築し、何度もお取引いただけるようにすること」です。これが、最終的には「利益改善につながる」という考えです。

 

これらを一般にわかりやすく説明するため、「友だちづくり」を例として挙げます。
友だち・・・決して最初から仲が良かった訳ではなく、何度も会って話しをするたび、「考え方や価値観に近いものがある」と感じて、徐々に親しくなっていきます。

 

これをビジネスに置き換えると、最初は何かのご縁で、企業が提供する「商品やサービス」を利用します。「これ自分にあってるかも?・・・」、「このお店のスタッフや雰囲気が好き・・・」など、自分の考えや価値観に近いと感じることにより、いずれ何度も利用(購入)することになります。

 

やがて、何度も利用(購入)する中で、相手(企業や人など)に対して信頼感が生まれてきます。ここまでくると、余程のことがない限り、関係(取引)は継続されることでしょう。
いかがでしょうか?顧客管理の考え方は、普段自分たちが何気なく実践していることに近いのです。ですから、決して難しいことではなく、誰にでもできることです。

 

ポイントカードや顧客管理システムを導入しなければ、「顧客管理はできない・・・」とは言えないのです。
カードやシステムは、あくまでツールのひとつであり、すべてではありません。これらのツールを活用することで、顧客動向を簡単に知ることはできますが、最後はそれを「顧客との関係性にどう活かすか」で決まります。

 

ミュージシャンとファンとの関係も同じで、ミュージシャンが提供するコンテンツに共感した人たちがファンとなり、結果、ミュージシャンを支えていくという関係になります。新しいコンテンツなど提供されると、間違いなく購入してくれます。また、ファンは「口コミによる集客」までしてくれます。本当に有り難い存在です。

 

こんな素敵な関係を、あなたも作りたくはありませんか?
「自分の気に入った顧客と一緒に楽しく仕事をしたい!」とは思いませんか?
そのために、顧客管理の考えを是非取り入れましょう。私が出来る限り応援いたします。

 

この記事を書いた人

大久保 久明顧客管理・顧客資産運用アドバイザー/情報セキュリティ管理士
大学卒業後、OA機器およびシステム販売、サプライ品販売、コンピュータ帳票の設計などに携わる中で、カードを活用した顧客(会員)管理システムの販売担当となる。
その後、カード後加工(エンボス、エンコードなど)の情報処理専門企業へ入社し、カードの総合的な知識を習得する。また、大手アミューズメント企業向会員管理の業務受託を通じて、プライバシーマークの取得・更新にもかかわった。(更新審査4回に立ち会う)
現在、ビジネスマッチングにも積極的にかかわり、多くの異業種コラボを実現している。顧客資産の運用アドバイスを中心にしながら、企業PR・商品やサービスPRなど販促活動も行っている。また、将来有望な人材に対して、セミナー開催や事業アドバイスなどの支援活動をライフワークとしている。