ビジネスの難しさの中で「2回目の壁(勝手に名付けました)」があります。

 

やっと、初めて自社が提供する商品やサービスを購入(利用)していただいたとき・・・

 

これはこれで非常にうれしいものですが、1回限りで終わってしまっては意味がありません。

 

ある調査によると、1回限りの取引で終わってしまう割合が全体の約70%あるそうです。

 

確かに、そう言われれば・・・

 

個人的に思い出してみても、あながち間違ってはいないですね。

 

1回限りで終わらせず、「次へ(2回目)つなげるための何か策を講じている」企業(店舗等)・・・

 

少ないですよね。

 

私が子供の頃、近所のパン屋さんでパンを購入するたび、

 

「屋号の1文字が印刷された用紙」を渡されました。

 

その用紙が貯まって、「屋号がそろった用紙」をまとめて店主へ渡すと、

 

パン1個が無償サービスとしてもらえるのです。

 

現在であれば、ポイント(スタンプ)カードの原型ですが、すでに何十年も前から行われていました。

 

昔の人はわかっていたのでしょう。

 

次へ(2回目)つなげるための何か策が必要であることを・・・

 

新しいツールはどんどん登場しますが、本質的なものはいつの時代も変わりません。

 

このあたり、非常に大切なことであると思います。

 

この記事を書いた人

大久保 久明顧客管理・顧客資産運用アドバイザー/情報セキュリティ管理士
大学卒業後、OA機器およびシステム販売、サプライ品販売、コンピュータ帳票の設計などに携わる中で、カードを活用した顧客(会員)管理システムの販売担当となる。
その後、カード後加工(エンボス、エンコードなど)の情報処理専門企業へ入社し、カードの総合的な知識を習得する。また、大手アミューズメント企業向会員管理の業務受託を通じて、プライバシーマークの取得・更新にもかかわった。(更新審査4回に立ち会う)
現在、ビジネスマッチングにも積極的にかかわり、多くの異業種コラボを実現している。顧客資産の運用アドバイスを中心にしながら、企業PR・商品やサービスPRなど販促活動も行っている。また、将来有望な人材に対して、セミナー開催や事業アドバイスなどの支援活動をライフワークとしている。