中小企業・団体の中には、社会が求める価値を素晴らしい「商品やサービス」で

 

提供されているところが数多くあります。

 

しかし、残念ながら、その商品やサービスは社会にあまり認知されず、

 

非常に「もったいないな・・・」と思うことがあります。

 

その中小企業・団体を応援することこそ、自分の役目だと信じて活動をしていますが、

 

【素晴らしい「商品やサービス」が必ず売れる】と言えない現実もあります。

 

そこで、ひとつの解決策として「マーケテイング」を活用する訳ですが、

 

今では多くの手法があり、

 

「どの方法が自分のビジネスに一番適しているのか」判断に迷うところです。

 

ネット社会と言われる現在、個人でも大勢の人たちへ情報を拡散できるようになり、

 

それは素敵なことではあるのですが、何かが欠けているような違和感を覚えます。

 

それは、一体何だろう・・・?

 

と考えたのですが、まだハッキリとした答えは出ていません。

 

ただ、ひとつ言えることは、「リアルでの人と人のつながり」が稀薄になったこと・・・。

 

ビジネスにおいて、最新の技術を活用することは大切ですが、

 

最終的には「リアルでの人と人のつながり」を常に意識した、

 

「何かかたち」を残しておきたいものです。

 

年齢を重ねたせいなのか・・・いつもこんなことばかり考えています。

 

ご静聴ありがとうございました(笑)

 

この記事を書いた人

大久保 久明顧客管理・顧客資産運用アドバイザー/情報セキュリティ管理士
大学卒業後、OA機器およびシステム販売、サプライ品販売、コンピュータ帳票の設計などに携わる中で、カードを活用した顧客(会員)管理システムの販売担当となる。
その後、カード後加工(エンボス、エンコードなど)の情報処理専門企業へ入社し、カードの総合的な知識を習得する。また、大手アミューズメント企業向会員管理の業務受託を通じて、プライバシーマークの取得・更新にもかかわった。(更新審査4回に立ち会う)
現在、ビジネスマッチングにも積極的にかかわり、多くの異業種コラボを実現している。顧客資産の運用アドバイスを中心にしながら、企業PR・商品やサービスPRなど販促活動も行っている。また、将来有望な人材に対して、セミナー開催や事業アドバイスなどの支援活動をライフワークとしている。