コンピュータシステムを利用することで、「売上貢献客」を簡単に知ることができます。

 

売上貢献客が企業にとって、非常に大切な顧客であることは周知の事実です。

 

一般論ですが、顧客全体の約20%を占める売上貢献客により、売上全体の約80%が作られているということはあまりにも有名ですね(パレートの法則)。

 

実際、あなたのビジネスにおいても調査をすると、たぶんこの数値に近くなっていると思います。

 

であれば、この約20%の売上貢献客に対し、企業側として何らかの「アクション(プロモーション活動)を起こすことの重要性」をご理解いただけるはずです。

 

もし、現在において、あなたが「何もしていない」のであれば、すぐ対策を講じる必要があります。

 

ビジネスで新規客を常に獲得することは大切ですが、社会の流れ(人口減少や少子化など)を考えた場合、従来からの取り組み方を見直すことが重要です。

 

はっきり言って、これからは新規客を多く獲得することは、益々困難になっていくでしょう。

 

そのためにも、新規客の獲得する方法や考え方を思い切って変えてみることが必要かも知れません。

 

顧客のランク付け

 

あなたがすでにビジネスを継続しており顧客がいるのなら、まず上記の売上貢献客を明確にすることです。

 

販売管理システムなど利用していると、管理帳票の中に「得意先ランキング(順位)表」があり、ある期間の売上ランキング(貢献度)を確認することができます。

 

この管理帳票を活用することが、売上貢献客を知るうえで一番簡単な方法です。

 

得意先ランキング表からのデータをCSV出力し、エクセルなどで加工することで、さらに詳細情報を表示させることもできます。

 

手間はかかりますが、得意先ランキング表を基に電卓を使って計算してもよいでしょう。

 

このあたりは、効率(時間短縮)の問題ですから、あまり深く考えずにできるところから始めるべきです。

 

今回は、あなたのビジネスにおいて、売上貢献客が誰か「ランク付けを行うことの大切さ」と、さらに「簡単に知る方法」を紹介しました。

 

最初は、ここから始めてみましょう。

 

 

この記事を書いた人

大久保 久明顧客管理・顧客資産運用アドバイザー/情報セキュリティ管理士
大学卒業後、OA機器およびシステム販売、サプライ品販売、コンピュータ帳票の設計などに携わる中で、カードを活用した顧客(会員)管理システムの販売担当となる。
その後、カード後加工(エンボス、エンコードなど)の情報処理専門企業へ入社し、カードの総合的な知識を習得する。また、大手アミューズメント企業向会員管理の業務受託を通じて、プライバシーマークの取得・更新にもかかわった。(更新審査4回に立ち会う)
現在、ビジネスマッチングにも積極的にかかわり、多くの異業種コラボを実現している。顧客資産の運用アドバイスを中心にしながら、企業PR・商品やサービスPRなど販促活動も行っている。また、将来有望な人材に対して、セミナー開催や事業アドバイスなどの支援活動をライフワークとしている。