ビジネスの世界では、初回の取引発生から2回目の取引が非常に難しいです。

 

ある調査によると、初回の取引総数のうち「70%位は初回取引だけで終わる」とも言われています。

 

自分が過去の行動など振り返ってみると、確かに「1回きり」のところが多いかも・・・(納得)。

 

すると、残り30%は複数回の取引をしていただける計算。

 

数値的には、案外正しいのかも知れませんね。

 

しかし、

 

そこで、「仕方ないよ・・・」とあきらめるのか、

「なんとかならないか・・・」と考えるのか、

 

この差は大きいです。

 

今、あなたへ「顧客に対して2回目の取引につなげる何かを行っていますか?」

 

と質問したら、

 

ほとんどの人が「別に何も行っていません」と答えることでしょう。

 

最後は顧客の判断に委ねる訳ですが、でもあなたは2回目につなげる何かを行うべきです。

 

例えば、飲食店なら名刺サイズのチケットを精算時に顧客へ配布し、

 

チケットの貯まった枚数により、顧客へ特典を与える方法などいろいろ考えられます。

 

これなら、簡単にできますよね。

 

2回目につなげる「何か(簡単にできることでOK)」をあなたも愚直に続けてみませんか?

 

この記事を書いた人

大久保 久明顧客管理・顧客資産運用アドバイザー/情報セキュリティ管理士
大学卒業後、OA機器およびシステム販売、サプライ品販売、コンピュータ帳票の設計などに携わる中で、カードを活用した顧客(会員)管理システムの販売担当となる。
その後、カード後加工(エンボス、エンコードなど)の情報処理専門企業へ入社し、カードの総合的な知識を習得する。また、大手アミューズメント企業向会員管理の業務受託を通じて、プライバシーマークの取得・更新にもかかわった。(更新審査4回に立ち会う)
現在、ビジネスマッチングにも積極的にかかわり、多くの異業種コラボを実現している。顧客資産の運用アドバイスを中心にしながら、企業PR・商品やサービスPRなど販促活動も行っている。また、将来有望な人材に対して、セミナー開催や事業アドバイスなどの支援活動をライフワークとしている。