突然ですけど、あなたの経験から

 

「想いは伝わる」と思いますか?

 

私は、「想いは必ず伝わる」と信じています。

 

どうしても、人はテクニックに走りたがり、テクニックが重要と考えているところがあります。

 

ある企業が売上UPに貢献した手法があると、それを自社でもマネしようとします。

 

そのほうが、早く結果が出そうな気がするからです。

 

では、実際にはどうでしたか?

 

ほとんどの場合、「期待した結果に到達していない」のでは・・・

 

なぜか?



それは「想いがない」からです。

 

「相手(対象者)に対し、このような価値を感じていただきたいのです」

 

だから、

 

「我々はこのような考え(理念)をもとに取り組んでいるのです」といった、

 

「熱い想い」がないと、なかなか相手には伝わらないのです。



世の中、これをすれば「売上倍増」や「簡単に集客可能」など、

 

煽ったコピーが氾濫していますが、

 

やっぱり「当たり前なことをコツコツ続けている」企業が、残っていく時代になるでしょう。

 

これから、企業は「想いを伝える」という努力が一層必要ですね。

 

この記事を書いた人

大久保 久明顧客管理・顧客資産運用アドバイザー/情報セキュリティ管理士Twitter:@card_marketing
大学卒業後、OA機器およびシステム販売、サプライ品販売、コンピュータ帳票の設計などに携わる中で、カードを活用した顧客(会員)管理システムの販売担当となる。
その後、カード後加工(エンボス、エンコードなど)の情報処理専門企業へ入社し、カードの総合的な知識を習得する。また、大手アミューズメント企業向会員管理の業務受託を通じて、プライバシーマークの取得・更新にもかかわった。(更新審査4回に立ち会う)
現在、ビジネスマッチングにも積極的にかかわり、多くの異業種コラボを実現している。顧客資産の運用アドバイスを中心にしながら、企業PR・商品やサービスPRなど販促活動も行っている。また、将来有望な人材に対して、セミナー開催や事業アドバイスなどの支援活動をライフワークとしている。