少し前から、中高年の健康意識は非常に高まっています。

 

あなたの街でも、ウォーキングしている夫婦やグループなどよく見かけませんか?

 

私も10年以上スポーツジムに通っていますが、中高年の健康に対する行動力には、

 

真剣さが伝わってきます。

 

しかし、各々が自分に適した運動メニューを実施しているかどうか考えた場合、

 

疑問を持っていらっしゃる人は案外多いのではないでしょうか。

 

私も間違いなくそのひとりですが、仮に個人でパーソナルトレーナーを依頼すると、

 

ご存知の通り、かなり高額な料金が発生することから、多くの人はあきらめているはずです。

 

そこで、週1回ペース位で個々の目的(健康維持・ダイエットなど)に応じた、

 

メニューを考案してくれて、また健康相談にも対応し、そのうえ金額がお手頃な価格帯、

 

だとしたら「是非お願いしたい!」という人・・・相当数いらっしゃると思います。

 

この要望をトレーナーひとりで対応することは困難なため、仕組みづくりが必要です。

 

さらに、「会員制」というかたちをとることで、事業主が「安定収益」を得られ、

 

「クライアントの健康づくりを目的」とした、ビジネスモデルを構築することができます。

 

最初は、2~3千円位の低額な「お試し入会(期限を設定)」から始まり、

 

真剣に取り組みたい会員向の高額なメニュー(パーソナルトレーナー)へ移行可能です。

 

今回は、ひとつの例として説明しましたが、あなたのビジネスにおいて、

 

このような取り組みができないか、じっくり考えてみるとよいかも知れません。

 

この記事を書いた人

大久保 久明顧客管理・顧客資産運用アドバイザー/情報セキュリティ管理士
大学卒業後、OA機器およびシステム販売、サプライ品販売、コンピュータ帳票の設計などに携わる中で、カードを活用した顧客(会員)管理システムの販売担当となる。
その後、カード後加工(エンボス、エンコードなど)の情報処理専門企業へ入社し、カードの総合的な知識を習得する。また、大手アミューズメント企業向会員管理の業務受託を通じて、プライバシーマークの取得・更新にもかかわった。(更新審査4回に立ち会う)
現在、ビジネスマッチングにも積極的にかかわり、多くの異業種コラボを実現している。顧客資産の運用アドバイスを中心にしながら、企業PR・商品やサービスPRなど販促活動も行っている。また、将来有望な人材に対して、セミナー開催や事業アドバイスなどの支援活動をライフワークとしている。