ビジネスにおいて、提供する商品やサービスが顧客から支持され、

 

そこから収益を得ることこそ、一番重要であると思っていました。

 

でも、一時的に商品やサービスが顧客から支持され、収益が増えることがあっても、

 

一過性で終わってしまうケースがたびたび起こります。

 

ビジネスは「継続させることが大切である」と頭で理解しても、

 

残念ながら、なかなか思うようには進まないものです。

 

そこで、発想を変えて、あなた(企業)の商品やサービスを顧客へ提供することを通じ、

 

あなた(企業)の「ファンを増やす」にはどうしたらよいのだろうかと、

 

徹底的に考えてみてはいかがでしょうか・・・。

 

ファンが主役であり、提供する商品やサービスがその脇役というイメージです。

 

「どうしたらファンになってくれるのだろう」、「そのためには商品やサービスがどうあるべきか」、

 

あなた(企業)が、今、できる範囲で知恵を絞ることこそ一番重要ではないか思います。

 

そのためにも、よく言われることですが、ターゲットを明確にし、

 

提供する商品やサービスがターゲットに対し、どんなメリットを与えてくれるのか、

 

わかりやすく情報発信しなければなりません。

 

これからのビジネスは、提供する商品やサービスのファンづくりではなく、

 

「あなた(企業)に対するファンづくり」を一番に考え、

 

そのための商品やサービスであることを、十分に意識する必要があると思います。

 

この記事を書いた人

大久保 久明顧客管理・顧客資産運用アドバイザー/情報セキュリティ管理士Twitter:@card_marketing
大学卒業後、OA機器およびシステム販売、サプライ品販売、コンピュータ帳票の設計などに携わる中で、カードを活用した顧客(会員)管理システムの販売担当となる。
その後、カード後加工(エンボス、エンコードなど)の情報処理専門企業へ入社し、カードの総合的な知識を習得する。また、大手アミューズメント企業向会員管理の業務受託を通じて、プライバシーマークの取得・更新にもかかわった。(更新審査4回に立ち会う)
現在、ビジネスマッチングにも積極的にかかわり、多くの異業種コラボを実現している。顧客資産の運用アドバイスを中心にしながら、企業PR・商品やサービスPRなど販促活動も行っている。また、将来有望な人材に対して、セミナー開催や事業アドバイスなどの支援活動をライフワークとしている。