ビジネスにおいて、「顧客資産の大切さ」を強く認識している経営者はいます。

 

顧客資産を活用することにより、ビジネスが好転する事実を知っているからです。

 

しかし、その事実に気づきながら、具体的な行動をしている経営者は少ない感じがします。

 

気づいている経営者の中でも、他社が行っている「方法や手順」だけを取り入れて、

 

そのままマネしようとするケースが非常に多く心配です。

 

他社が成功している方法や手順だからと言って、そのまま自社で通用するかどうかわかりません。

 

実際、「同業他社や競合企業が行っている」と理由だけで始めてみたものの、

 

結局、「効果がなく止める」あるいは「仕方なく続けている」ケースが圧倒的に多いと思います。

 

なぜか・・・?

 

それは、「顧客資産を今後どのように活用したいか」など、明確な絵が描けていないからです。

 

例えば、ポイントシステムを導入するにしても、単純に顧客への還元だけを考えるのではなく、

 

得られたデータを利用して、それを今後のビジネスへどう展開させるなど、

 

綿密な計画を立ててからシステム導入しないと、残念ながら期待した効果は望めません。

 

これから、多くのビジネスにおいて、新規顧客を大量に集めることは困難です。

 

従って、「既存顧客に何度もお取引いただく」と言う発想が必要不可欠となります。

 

ビジネスにおいて、初回取引から2回目取引へつなげることは非常にハードルが高いです。

 

まずは、「そこの対応をどうするか?」、次に「何度もお取引いただくためには?」など、

 

「顧客資産を運用する」という考えが、益々重要となる時代へ突入した気がします。

 

この記事を書いた人

大久保 久明顧客管理・顧客資産運用アドバイザー/情報セキュリティ管理士
大学卒業後、OA機器およびシステム販売、サプライ品販売、コンピュータ帳票の設計などに携わる中で、カードを活用した顧客(会員)管理システムの販売担当となる。
その後、カード後加工(エンボス、エンコードなど)の情報処理専門企業へ入社し、カードの総合的な知識を習得する。また、大手アミューズメント企業向会員管理の業務受託を通じて、プライバシーマークの取得・更新にもかかわった。(更新審査4回に立ち会う)
現在、ビジネスマッチングにも積極的にかかわり、多くの異業種コラボを実現している。顧客資産の運用アドバイスを中心にしながら、企業PR・商品やサービスPRなど販促活動も行っている。また、将来有望な人材に対して、セミナー開催や事業アドバイスなどの支援活動をライフワークとしている。