私事ですが、社会人となって初めに配属された部署がズバリ営業職でした。

 

当然ですが入社3ヶ月後、新入社員に対しても「営業目標金額」が課せられました。

 

就職した業界がコンピュータ業界(OA機器販売等)という、当時、まだ新しい業界だったためか、

 

営業目標金額は一般的な売上目標ではなく、「粗利目標(売上-仕入)」でした。

 

就職先がコンピュータ専門商社のため、仕入金額は明確になっており、粗利金額が算出しやすい環境ではありました。

 

他業界では、まだ高度成長時代のなごりもあって、売上目標を掲げていた企業が多かったような気がします。

 

俗にいう「売上が増えれば、自ずと粗利は増える」」という発想で、

 

当時、友人たちの勤める企業の多くが売上目標でした。

 

そんな中、自分の職場は、最初から粗利金額が重視され、営業成績にも反映されていたのです。

 

今思うと、「粗利金額をいかに増やしていくか」を常に考えたビジネス活動を続けることで、

 

仕入先との価格交渉スキルなど仕事を通じて身に付き、結果、自分にとっては大きなプラスになったと思います。

 

やはり、ビジネスは「利益(粗利)が大切」という考えは、今でも自分の中ではまったくぶれていません。

 

当たり前ですが、利益が「ビジネス活動の原資」となる訳ですから、

 

少しでも増やしていくことを考えないといけません。

 

また、利益が安定化しないと、ビジネスを続けることは困難になります。

 

このあたり、ビジネス活動を続けるうえで、当たり前ですがしっかり再認識したいものです。

 

この記事を書いた人

大久保 久明顧客管理・顧客資産運用アドバイザー/情報セキュリティ管理士
大学卒業後、OA機器およびシステム販売、サプライ品販売、コンピュータ帳票の設計などに携わる中で、カードを活用した顧客(会員)管理システムの販売担当となる。
その後、カード後加工(エンボス、エンコードなど)の情報処理専門企業へ入社し、カードの総合的な知識を習得する。また、大手アミューズメント企業向会員管理の業務受託を通じて、プライバシーマークの取得・更新にもかかわった。(更新審査4回に立ち会う)
現在、ビジネスマッチングにも積極的にかかわり、多くの異業種コラボを実現している。顧客資産の運用アドバイスを中心にしながら、企業PR・商品やサービスPRなど販促活動も行っている。また、将来有望な人材に対して、セミナー開催や事業アドバイスなどの支援活動をライフワークとしている。